神戸学院大学人文学部人間文化学科2005年特別講義I編


by shohyo

新しい日本語の予習法

d0068008_13424195.jpg日本人にとっても日本語の学習は必要だ。日本人は日常、生活していく上で、日本語を身に付けてきた。日本人が日本語で困るということはそうそう無いことかもしれない。時と場合、話す人によって何気なく、なんとなく、ことばの使い分けをしている。そのことばは適切に出来ているだろうか。この本では敬語表現から最近の若者ことば、また相手に失礼の無いような対応の仕方などが例を挙げて書かれている。この本はタイトル通り、新しい日本語の予習法にもつながる。かもしれない。
本の中の例でタクシーに乗った外国人が「二つ目の信号を左に曲がってください」というつもりで「二つの目の信号を左に曲げてください」と言ってタクシー運転手に「そんなに力持ちじゃありません」という笑い話が挙げられている。また著者の知り合いの先生がある国の女生徒が「先生に教わって光栄です」と言うべきところを「先生におそわれて光栄です」と言われて大変あわてたそうだ。何がおかしいかは一目瞭然だが、どこがどうおかしいのか理由を説明しなさいと言われたら出来るだろうか。前者は自動詞と他動詞の取り違えの間違いで、後者は活用形の問題である。それで解決である。普段、自動詞だとか活用形だとか意識して話すことはない。こんな小難しいようなことを自然と使い分けしているのだ。
本の中ではら抜きことばについても取り上げられている。「食べられる」というとこを「食べれる」とよく言ったりする。あと「見れる」や「来れる」などもある。今、パソコンで打っていても、ら抜きことばには指摘が入る。著者は「ら抜きことばでも構わない。ことばが乱れているのではなく時代によって変化していると考えるほうがいいのではなかろうか」と述べている。ら抜きことばは大正時代から現れていて、なにも今に始まったことではない。
最近の若者ことばについては「ことばの乱れ」とか「日本語を破壊するもの」など批判的な意見が多いが、著者はそのようなことばに対して「一方的にダメなものとして見るのではなくことばの面白さを表すもの考えることが出来る」と肯定的な意見である。この意見には賛成である。時代によってことばを変化していっても良いと思う。「マジ」とか「チョ~」などのことばが多く使われるということは、そのことばが使われる需要があるということ。今までにあったことばではどうしてもニュアンスが違うのだろう。ただ、そのことばを使う時と場所はわきまえないといけない。堅いことばだけが使われる世の中は肩がこって疲れてしまうと思う。友達からプレゼントをもらうときに「つまらないものですが」と言われたら気持ち悪いだろう。「時代によって新しいことばなり、今まであったことばが変化したものなりが生まれてくれば日本語も豊かになる」と著者は考えている。
著者は若者ことばについて寛容で、文体を見る限り、穏やかな人という印象で、とてもユーモアがあって面白い。性格が優しすぎるのではないかと思うぐらいだ。それだけに厳しい意見が伺えない。偉ぶったとこが文章がないだけに、共感を覚えて、著者の意見を何でも受け入れたくなるが自分の中で咀嚼すること必要だ。普段何気なく使っていることば。若者ことば、ら抜きことばに耳を傾けてみれば違和感を覚えたり、新たな発見があったりするだろう。ことばは学べば学ぶほど面白くなる。      

 文:匿名希望
[PR]
by shohyo | 2005-07-05 13:43